旦那 残業 増えたけど平穏は維持

旦那 残業 増えた、最近よくママがぼやく。確かに帰宅は遅い。殆ど会う事さえ無くなってきたし、戻ってるかさえ不詳。

それでも働き、稼いで養ってくれる。感謝しなさいと言われ、常にそう思うように心がけなきゃ。僕もいずれそういう立場、でも旦那 残業 増えたとか言われちゃね。

「早くお家帰れば大丈夫よ。貴方は賢い子だから。アノ人みたく、ずっと仕事だけじゃね」うーん、良く分からんけど、ママを怒らせる事は駄目。

話の途中で、パパ帰宅。本当久々、これほど早い戻り。「あら。旦那 残業 増えた割に珍しい。雪でも降るかしら」嫌味を一発くらわせる。

「疲れて帰れば、いきなりそれか。やんなるわ。だから顔会わせたくねぇのさ」パパがぼやく「何よそれ。まるで私と顔会わせるのイヤだから、旦那 残業 増えたとでも?」

「そうさ。もう何でもオーケー。俺を責めたけりゃそれで」あぁ喧嘩勃発、こうなれば収集つきません。急ぎ部屋へ避難。早くと願えば喧嘩し、遅ければ平穏、不条理だ。

結婚したいっつー話題

飲み会のたび盛り上がるって、やっぱり1年以内に結婚したいっつー話題よね。アラサー、アラフォー女子ばかり集まると、結局そういう話に。

どうしてだろう、この齢になると踏ん切りつかんわけ?20代の子は案外早く決断するのに、どうして私たちはダメなんだろうと。

1年以内に結婚したいと、騒ぐだけじゃダメ!何か実行に移さねば、そう考えるんだけど、どこから始めれば良い、正直分かりません。

でも最年長の先輩、相談所入会を決意し拍手喝采。上、詰まると下、行きにくいじゃない?上手く言えば、後倣うのも手!こっちまでドキドキする。

実験材料じゃないよと、怒ってますが。食事などデート重ね、案外良い感じ。ぜひ成功し、1年以内に結婚したい夢を叶えて欲しい、皆ハッピー願うよ。

会うと必ず、その話ばかりで申し訳ありません。年齢を重ねてけば目が肥え始め、アラも見えるようになっちゃうそう。

1年以内に結婚したい信念があるなら、我慢も必要?焦らん方が良い。幾つになっても、悩める乙女かもしれません。

Maru-Janを禁止されちゃダメ

さあ、今日もインターネットで、現実逃避と洒落込むか。もー疲れた、会社嫌!残業多く、休日出勤頻繁、全部手当ゼロ!ちったぁ金出せよ...本当社畜の現状。

でもMaru-Jan!此奴が俺を夢へ、一時の快楽を見せてくれる。「何か感傷に浸る。どーでもえーけど、はよ風呂入り。超邪魔」くっ...ママもこれだ。

味方は、味方おらんのか?「そう言えば娘がなぁ、大学進学するから、受験費用プリーズ言うてたで」マジ?あ、Maru-Janが呼んで...。

「逃げられません。分ってた事じゃん。学費くらい、何とか都合つくわ」だが...苦労を。すまねぇ。

「気持ちがあれば、Maru-Jan?麻雀や賭け事を止め、ちったぁ金多く稼いでや?きつきつさ。パートの給料、全部パー。Maru-Jan?羨ましすぎ」

けっ、嫌味か?疲れて帰宅後これじゃ、やる気減衰。めっちゃ萎えちゃう。「うちら貧乏人の定め。諦めなさい」諦めが大事。

何時まで続くんでぇ、俺達はロボットや奴隷じゃありません。「ま、働けるだけマシ!我慢せー」我慢、辛いわー。